2009年02月05日

近頃の夜更けの楽しみ

ひき続いて最近見た映画。
なにを映画ばっか、って言われても夜も深くなってきたら
近所付き合いの関係で練習出来ないから、

つい


『あの夏、いちばん静かな海。』
『ラブドガン』
『ギミー・ヘブン』
『20世紀少年』

すべて日本映画ってところがミソ


『あの夏、いちばん静かな海。』
今や映画界でも巨匠、ビートたけし、北野武か、の1992年の作品。
観るのは二度目。
90年代前半という時代を感じさせるダサイ服装と
演技と呼べるのか?という演技も随所してるけど、、、

やっぱり昔と変わらず素敵な映画。


なにも言ってない
ただそこにある
一片の詩みたいな


こういうのを"素敵"な映画、って言うんでしょうね、きっと。
タイトルも、句読点があるところがまた。
たけしってやっぱりリリカルでセンチで繊細な人なんでしょうね。



他の作品はまあ。まあ。

『20世紀少年』ね、、、

まあ、おそらく、きっと、誰が、どう撮ってもあんなもんでしょ。
マンガの省略映像化。
それ以上でも以下でも
それ以上にするのは無理じゃないかしら。
posted by 山ア拓郎 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック